タグ別アーカイブ: 対人援助職

対人援助職のための面接を整える研修1

対人援助職は面接を通して問題解決のお手伝いをします。面接は大事な技術ですが事前準備から終結を含めてトータルに学ぶ機会が少ないものです。相談の機会が増える中、クライエント一人一人に丁寧により添い、面接を構造的に習得することが必要です。
WITH医療福祉実践研究所では、がん緩和分野で素晴らしい実践をされている講師による『面接を整える』ための研修を企画いたしました。面接の一連を、「場」「流れ」「援助者自身」と多角的に丁寧に整えることを学びます。
特に新人でこれから面接技術を高めたいと思われる方、経験はあるけれどもさらに構造的に学びたい方などを対象にしています。面接の何に留意して、どう整えることができるか、整えることで対人援助にどのような影響があるのかを具体的に学ぶ機会になります。

【対象】
面接技術を向上させたいソーシャルワーカーのかた。
3年未満の新人ソーシャルワーカーの方の参加もお勧めします。

【講師】
福地智巴(静岡県立静岡がんセンター/WITH医療福祉実践研究所講師/ 他)
がんやホスピス・緩和ケア領域を中心に、臨床や教育に携わりながら、対象者の心や魂に寄り添うコミュニケーションのあり方について検討している。また、個人事業として、援助者自身が自分に出会い、自分の感性に触れ、育んでいくためのワークや、臨床に活用できる五感(色・イメージ・音・香り 等)を洗練させるためのワークを企画・実施している。

【会場】
台東区民会館 研修室 台東区浅草花川戸2-6-5

【日時】

2017年 5月27日・28日
5月27日(土)13時30~17時
5月28日(日)9時30~16時

【参加費】  15,000円(2日)

受付終了

国指定名勝及び史跡 向島百花園で体験する

対人援助職自身のセルフケア

この研修は中止となりました。来春の開催を予定しておりますのでそれまでお待ちください
------------------------------------
援助者は,クライエントが何を感じ,何を想い,何を表現するのかに意識を向けます。
それはクライエントを大切に想い,クライエントの世界を大切に扱いたいという姿勢があるからです。
しかし、あなた自身は同じ気持ちで,自分自身のことや,自分の世界を大切に扱っているでしょうか?
江戸時代から続く庶民の庭園である向島百花園の御成座敷で、紅葉の庭を見ながら自分に触れ,自分を識り,自分を癒す,それぞれのセルフケアを体験しませんか?
春と秋にだけ開催するWITH医療福祉実践研究所でしか体験できない研修です。

<開催日程> 
2016年 11月12日(土) 10:00~16:00

<開催場所> 東京都立 向島百花園 御成座敷 (東京都墨田区東向島3−18−3)

<研修対象者> テーマに興味関心のある対人援助職に従事する人

<定員>15名(先着順)

<研修費> 10,000円(向島百花園 おいしい昼食とお菓子が付きます!)

テーマ:「対人援助職のセルフマネジメント
~自然の中で癒し癒される体験からセルフケアの方法と出会う~」

<プログラム>
* セルフケア (セルフマネジメント)の重要性を理解する
* 身体とハートの声を聴き,『自分』 に出会う
* 「できない・足りない・自信ない」の中にある 『豊かな自分』に気づく
少し講義、たくさん体験(ワーク)の研修です

<講師> 福地智巴(静岡県立静岡がんセンター/with医療福祉実践研究所)
がんやホスピス・緩和ケア領域を中心に、約20年臨床に携わりながら、対象者の心や魂に寄り添うあり方や、アプローチ、コミュニケーションについて模索。
五感(色・イメージ・音・香り 等)を活用するワークを取り入れた、コミュニケーションのスキルアップ研修等を企画・実施している。

<申し込み>

受付終了

「相談援助職の記録の書き方」

~アセスメント力を磨き 記録にいかすワークショップ~

ケアマネジャー、ソーシャルワーカー、カウンセラーなど、対人支援に携わる相談援助職にとって、日々の記録は欠かせません。その一方で、記録に自信が持てない、どこまで書けばよいかわからない、と悩んでいる人も多いでしょう。

本ワークショップでは、専門職に求められる記録について、SOAP記録を基本にしたプログレス記録のあり方などを講義形式で学ぶだけでなく、記録の基本となるアセスメント力を向上するためのロールプレイやグループディスカッションを通して実践的に学びます。

アメリカと日本でソーシャルワーカーとして活躍され、記録に関する研修経験も豊富な八木亜紀子氏が、著書『相談援助職の記録の書き方』(中央法規出版)をテキストに研修講師を担当します。

【対象】

対人援助職であればどなたでもご参加ください

【会場】

台東区民会館(銀座線浅草駅より5分)
台東区花川戸2-6-5 9階

【開催日時】

2016年11月5日(土) 13:00~17:00
2016年11月6日(日) 9:30~16:00

【参加費】

15000円

【講師】

八木亜紀子

福島県立医科大学放射線医学県民健康管理センター
精神保健福祉士/カリフォルニア州臨床ソーシャルワーカー/国際EAP協会認定EAプロフェッショナル

【内容】

講義(記録について、MSEとバイオサイコソーシャルアセスメント)
アセスメントのためのワークショップ(記録のための実践的ワークショップ)

【参加申し込み】

全二回 受付終了

対人援助職に必要な法律知識の理論と実際

対人援助に必用な法律知識の理論と実際 フライヤー
フライヤー(クリックで別ウインドウで拡大)

今日のような法化社会において、人が生きるということに携わる職業についている者にとって、法律知識は非常に重要となってくる。
より良いサービスを展開するためにも、社会の決まりごとを知り、何が出来て、何ができないのかの判断が必要である。

本講座は、保健医療福祉領域における対人援助専門職にとって必要な法律知識の理論と実際的運用について学ぶコースである。

2015年 10月10日(土) 11月21日(土) 12月12日(土)
2016年 1月16日(土) 2月13日(土) 3月12日(土)

案内ページ http://with-socialwork.jp/low_socialworker/

受付終了